トランプ氏の子ども2人が有権者登録に失敗

予備選で父に投票できず

 4月11日、米大統領選の共和党候補指名を目指すドナルド・トランプ氏の2人の子どもが、有権者登録期日を守れず、19日に行われるニューヨーク州予備選での投票が不可能となった。ニューヨークで昨年6月撮影。左端が息子のエリックさん、右から3人目が娘のイバンカさん(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 11日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補指名を目指すドナルド・トランプ氏の2人の子どもが、有権者登録期日を守れず、19日に行われるニューヨーク州予備選での投票が不可能となった。

2人は、エリック・トランプさん(32)とイバンカ・トランプさん(34)。ともに父に同行して精力的に選挙戦を展開している。

父のトランプ氏は「フォックス・アンド・フレンズ」の電話インタビューで「お仕置きの方法を見つけなければならない。もうお小遣いなしだ」と冗談を飛ばした。

エリックさんとイバンカさんが予備選で投票するには3月25日までに有権者登録をすることが必要だったが、規則を知らなかったという。

トランプ氏は11日、フォックス・ニュースで「2人とも大変申し訳ないと感じているが、事情は分かるのでかまわない」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT