イトーヨーカ堂改革の成否

パート比率を9割に

 メリルリンチ日本証券の青木英彦アナリストは「グループ間の人材交流にまで踏み込んだのは評価できるが、パート比率を上げるだけでは効果は一時的。ただ、社員が減ることで、不採算店の大量閉鎖という荒療治も可能になった」と話す。

高収益のセブン−イレブンの陰で遅れに遅れたヨーカ堂の再建。パート活用が成果を生まなければ、一段の縮小に陥るだけだ。改革のスピードが問われている。

セブン&アイ・ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(週刊東洋経済2012年9月22日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT