企業買収は「結婚までの道のり」そのものだ

「M&Aありきの経営」が、低レベルすぎる理由

決してどちらが良い悪いという話ではなく、大事なことは、求める「生き方」によって、当然にして「結婚」に求めるモノも変わるということだ。もちろん、求める「生き方」によっては、「結婚」は不要かもしれない。

この場合、「生き方」は経営戦略、「結婚」はM&Aと置き換えられる。つまり、実現したい経営戦略がどういうものかによって、M&Aの必要性は変わるし、M&Aの目的も変わるのだ。

自分の理想の「生き方」がはっきりしていて、「結婚」に求めるモノもはっきりしたら、婚活男子・女子が次に考えることは、結婚相手に求める具体的な条件だろう。

「譲れない条件」をピックアップするのがコツ

先述した例のように、結婚後は専業主婦を望む女性であれば、結婚には安定を求め、結婚相手には「年収1000万円以上」など、金銭面の条件を求めるかもしれない。しかし、結婚後もバリバリ働きたい女性であれば、結婚には協力関係を求め、結婚相手にはおカネではなく、「家事を分担すること」等の条件を求めるかもしれない。

この場合、「結婚相手に求める条件」は、対象企業に求める条件と置き換えられる。結婚の目的によって、結婚相手に求める条件も変わるのと同様に、M&Aの目的によって、対象企業に求める条件は変わるのだ。

実際のM&Aの世界では、M&Aの目的に照らして、対象企業に求める条件を「業種は加工食品メーカー」「規模は売上500億円以上」「北米に販路を持っている」等と設定していく。その設定条件をもとに、外部情報から、初期の候補企業リストである「ロングリスト」を作成し、さらに条件を絞りこみ、「ショートリスト」を作成していくことになる。結婚相手に求める条件と同様に、あまりに細か過ぎてもキリがないので、「これだけは譲れない」という条件をピックアップするのがコツだ。

だがこれは、言うは易し、行うは難し、である。次回は「M&Aにおける相手の見つけ方」というテーマについて、もう少し詳しく解説していく。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。