ベルギー警察当局、新たに6人の容疑者を逮捕

フランスでは攻撃計画阻止

 3月25日、ベルギーの首都ブリュッセルで22日発生した同時攻撃について、ベルギーの警察当局は新たに6人の容疑者を逮捕した。写真はブリュッセルのスカールベーク地区で家宅捜索する捜査員たち(2016年 ロイター/Christian Hartmann)

[ブリュッセル 25日 ロイター] - ベルギーの首都ブリュッセルで22日発生した同時攻撃について、ベルギーの警察当局は新たに6人の容疑者を逮捕した。フランスでも、同国内での無差別攻撃を計画した疑いで、武力組織メンバー1人が逮捕された。

ベルギーの検察当局は24日、ブリュッセルのスカールベーク地区などで行われた家宅捜査で、今回の事件に関連して6人が新たに逮捕されたことを明らかにした。

少なくとも31人が犠牲となり約270人が負傷したベルギー同時攻撃では、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しており、欧州各国の治安機関は現在も警戒態勢を続けている。

同組織は昨年11月に発生し130人が死亡したパリ同時多発攻撃でも犯行を認めている。

フランスではカズヌーブ内相が24日夜、フランス国内で無差別攻撃を計画していた疑いで、武装組織メンバーのフランス国籍の人物を24日朝に逮捕したと明らかにした。

同内相は、逮捕により「計画が進んでいたフランスでの攻撃を未然に防いだ」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。