ベルギー首都、出口見えぬ「最高警戒レベル」

地下鉄、学校などを閉鎖してテロを警戒

11月21日、イスラム系住民の手荷物をチェックする地元警察(写真:REUTERS/Youssef Boudlal)

週明け月曜日のベルギーはブリュッセルを最高警戒レベルのまま維持する。複数の攻撃の「深刻で差し迫った」危険性が取り除かれていないため、地下鉄は学校と同様に閉鎖したままにすると、当国のシャルル・ミシェル首相が宣言をした。

ブリュッセル以外の地域については、4段階のうち3段階の警戒レベルが敷かれたままである。ミシェル首相は「我々が恐れているのはパリと似たような攻撃だ。複数の場所で同時に何人かの者が幾つかの攻撃を仕掛ける可能性がある」とブリュッセルでの記者会見で述べた。

【写真集】ブリュッセルでは厳重な警戒が行われている

攻撃される可能性のある場所は?

左がベルギーのシャルル・ミシェル首相(写真:REUTERS/Francois Lenoir)

可能性のあるターゲットはショッピングモール、店舗、公共交通機関であるとミシェル首相は言う。政府は首都ブリュッセルに張り付ける警察と軍隊を増やすことも付け加えた。

ブリュッセル西部郊外の周辺都市であるモーレンベーク地区の貧しい地域とテロ組織との繋がりが表面化して以降、ベルギーはパリ同時攻撃の主な捜査対象となってきた。

亡命者で過激派との疑いのあるサラー・アブデスラム(26歳)は、自身の兄がカフェで自爆した攻撃の後、間もなくパリを出てブリュッセルへとこっそり舞い戻って来たことが明らかになっている。こうした犯人がブリュッセルに潜伏している限り、警戒レベルを引き下げるのは難しいだろう。

原文はこちら

(リポート:フィリップ・ブレンキンソップ、ロバート・バーチュネック、編集:ジュリア・フィオレティ)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT