すぐ実感!「酢しょうが」が持つ驚きのパワー

「酢」と「しょうが」のWパワーがすごい

こうして作った「酢しょうが」を毎日食べることで、体に変化が現れます。しょうがは即効性が高いので、食べてすぐに体がぽかぽかしてくるのを感じるはずです。

“ジンゲロール”と“ショウガオール”

しょうがに含まれる辛み成分のひとつ“ジンゲロール”には、血流を促進し、体の免疫機能を活性化させる働きがあります。また、加熱・乾燥することで“ショウガオール”という成分に変化。ジンゲロールに備わっていた効果が、さらに強力になります。しょうがをレンジで加熱するのはこのためです。

しょうがにはうれしい効能がたくさん

また、しょうがには優れた抗酸化作用があります。老化の原因となる活性酸素を除去して、細胞のダメージを軽減。肌を若々しく保ちます。さらに、血小板の粘りを抑え、血栓を防いで血液サラサラ。免疫細胞を刺激して、体に本来備わっている免疫機能を活性化させ、病気になりにくい体を作ってくれます。

しょうがは、生のものを乾燥させたものは生姜(しょうきょう)、加熱して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)として、数多くの漢方の薬効成分として利用されています。しょうがの持つ効果は、それほど高いということなのです。

また、しょうがは「気剤」と呼ばれ、漢方では古くから気の薬として使われてきました。なんとなくだるい、朝起きられない、寝付けないなど、“心の不調”とされてきたさまざまな症状も、しょうがを摂ることによって改善される場合が多くあります。そして「酢」には、優れた殺菌効果があり、それは腸の中でも発揮されます。腸内の悪玉菌を倒して、腸の動きを活発にしてくれます。免疫細胞のほとんどは腸の中にあるので、腸がキレイになるということは、免疫のアップにもつながります。

著者が副院長を務めるイシハラクリニックでは、数名の患者さんに実際に「酢しょうが」を生活に取り入れてもらい、その効果をアンケートにまとめています。代表的な意見としてよくあがるのは、

「酢しょうがで妊娠できた!」
子宮・卵巣の血行がよくなり、働きが改善。同時にしょうがに含まれる“セックスミネラル”と呼ばれる亜鉛が、ホルモンバランスを整えたと思われます。
「リウマチの痛みを感じなくなった」
しょうがには、消炎・鎮痛作用があるため、痛みなども楽にしてくれます。
「足が冷えて寝付けなかったが、眠れるようになった」
酢しょうがの血行促進作用で、足先まで血が巡り、末端冷え性が改善したと考えられます。
「便秘が治った!」
しょうがを食べたことで、血の巡りがよくなり、腸の動きが活発に。同時に酢が腸内の悪い菌を倒して、排出を促したのだと思われます。

 

そのほかにも、「目の疲れが軽くなった」「体重が減った」「高血圧が改善した」など、いろいろな効果報告が寄せられています。

次ページ毎日続けることが大切! 「酢しょうが」の使い方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。