マイナス金利の本質を知らない人は損をする

ビジネスマンが「経済学」を学ぶ意味

その結果、単身向けのワンルームマンションは、良質なものがたくさん供給されますが、若いファミリー世帯向けの広めの住宅はなかなか供給されません。

また、中古の住宅を賃貸で貸すことも難しくなりますので、中古住宅市場が育ちません。空き家が多い一方で、狭いワンルームマンションばかりが供給されるといういびつな状況になります。

経済学では、こうした賃貸契約の悪い結果を分析できます。実際に、多くの経済学者の指摘によって、賃貸契約が一部見直され、定期借家権(一定期間の契約が必ず賃貸契約を終了できるというもの)ができました。しかし、まだまだ借り主の権利保護が強いので、潜在的な借り手は損をしています。

経済学を学ばないのは「無知のリスク」

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

ビジネスの世界でも、絶対的な正解はありません。かのウォーレン・バフェットも「リスクが生ずるのは、自分が今やっていることが何かを理解できていないときだ」と言っています。

経済学のロジックを身に付けないままで何かのビジネス上の意思決定をすることは、まさにバフェットのいう「無知のリスク」そのものと言えるでしょう。

何事にもメリットがあれば、デメリットやコストもある。目先の目に見える損得だけを考えるのではなく、目に見えない効果まで考えて意思決定をする必要があります。

経済学的な思考方法を身に付け、想像力と論理的思考力を鍛えておくことは、今後さまざまなビジネスの意思決定の場面で何らかの選択を迫られたときに、きっと役に立つはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。