トルコ首都の中心部で大規模な爆発、34人死亡・125人負傷

行政の中枢を狙った爆破攻撃

[アンカラ 13日 ロイター] - トルコの首都アンカラ中心部で13日、自動車が爆発し34人が死亡、負傷者は125人に上っている。

行政の中枢を狙った爆破攻撃は、この1カ月足らずで2回目。今回の爆発は数キロメートル離れた場所でも爆発音が聞こえるほど大規模で、法務省や内務省、裁判所などがある官庁街から数百メートルの場所に燃えた破片が降り注いだ。

ミュエジンオール保健相は、爆発を起こした容疑者少なくとも1─2人が死者に含まれているとの見方を示した。これまでのところ、30人が爆発現場で死亡し、4人は搬送先の病院で死亡した。負傷者125人のうち、19人が重体だという。

治安当局の2人の高官はロイターに対し、非合法武装組織クルド労働者党(PKK)あるいは関連組織が関与した可能性があるとの見方を示した。

エルドアン大統領は、声明を発表し、市民がテロリスト組織の標的になったとした上で、自衛の権利を決して放棄しないと表明した。

「わが国の統一性や国家の結束を脅かすこうした攻撃は、テロリズムと戦うわれわれの決意を弱めるどころか強める」と述べた。

これまでのところ犯行声明は出ていないが、アラ内相は、初期段階の調査を進め、14日には関与した組織の名前を公表できるとの見通しを示した。

*内容を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。