過去最悪の自爆攻撃、トルコ首都で95人死亡

親クルド集会に爆弾

 10月10日、トルコ首都の主要鉄道駅近くで、親クルド派などによる集会を狙った自爆攻撃とみられる爆発が2回あり、少なくとも95人が死亡した。写真は負傷した女性を抱きしめる男性(2015年 ロイター/Tumay Berkin)

[アンカラ 10日 ロイター] - トルコの首都アンカラの主要鉄道駅近くで10日午前10時(日本時間同日午後4時)ごろ、親クルド派などによる集会を狙った自爆攻撃とみられる爆発が2回あり、少なくとも95人が死亡、246人が負傷した。総選挙を数週間後に控えるなか、同国での自爆攻撃としては過去最悪の惨事となった。

エルドアン大統領は「アンカラ駅における今回のテロは他のテロ攻撃と同様、われわれの団結、連帯感、絆、未来を狙ったものだ」と指摘した。

政府と武装組織「クルド労働者党(PKK)」の戦闘再開で数百人の犠牲者が出ていることへの抗議のため、クルド系野党・人民民主党(HDP)支援者、左派活動家、労働組合、市民グループなどのデモが開かれていた。

これまでのところ犯行声明は出ていないが、ダウトオール首相は「イスラム国」、クルド組織、極左武装組織──のいずれかによる爆弾との見方を示した。

トルコ大統領府筋によると、オバマ米大統領は10日午後、エルドアン大統領に電話をかけ、哀悼の意を示すととも、自爆攻撃を非難、テロとの戦いで米国がトルコと連帯し続けることを強調した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT