トルコ・ダウトオール首相「新憲法で協力を」

総選挙圧勝受け各党に呼び掛け

 11月2日、トルコのダウトオール首相(写真)は各政党に対し、1日の総選挙で自身が率いる与党・公正発展党(AKP)が圧勝したことを受け、新憲法に向けた協力を呼び掛けた。2日撮影(2015年 ロイター/Umit Bektas)

[アンカラ 2日 ロイター] - トルコのダウトオール首相は各政党に対し、1日の総選挙で自身が率いる与党・公正発展党(AKP)が圧勝したことを受け、新憲法に向けた協力を呼び掛けた。

首相は党本部で数千人の支持者を前に演説し、「議席を獲得する全ての政党に対し、新たな憲法を制定するよう呼び掛ける。紛争や対立、分裂がなく、誰もが平和のうちにお互いに敬意を表すトルコに向けて協力しよう」と述べた。

一方、シムシェク財務相は今回の選挙結果を受け、改革機運が盛り上がると指摘。ロイターに対し、「政治的な不透明感が後退し、トルコは改革を実行する大きな機会を得た」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT