トルコ・ダウトオール首相「新憲法で協力を」

総選挙圧勝受け各党に呼び掛け

 11月2日、トルコのダウトオール首相(写真)は各政党に対し、1日の総選挙で自身が率いる与党・公正発展党(AKP)が圧勝したことを受け、新憲法に向けた協力を呼び掛けた。2日撮影(2015年 ロイター/Umit Bektas)

[アンカラ 2日 ロイター] - トルコのダウトオール首相は各政党に対し、1日の総選挙で自身が率いる与党・公正発展党(AKP)が圧勝したことを受け、新憲法に向けた協力を呼び掛けた。

首相は党本部で数千人の支持者を前に演説し、「議席を獲得する全ての政党に対し、新たな憲法を制定するよう呼び掛ける。紛争や対立、分裂がなく、誰もが平和のうちにお互いに敬意を表すトルコに向けて協力しよう」と述べた。

一方、シムシェク財務相は今回の選挙結果を受け、改革機運が盛り上がると指摘。ロイターに対し、「政治的な不透明感が後退し、トルコは改革を実行する大きな機会を得た」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。