EUは極右や難民もたらすプーチンに鉄槌を

ロシアの熊を止めねば、欧州安定は望めない

ロシアのプーチン大統領を止められるかどうかが、欧州安定の行方を占う?  (写真: ロイター)

原文はこちら

欧州の安定が、少なくとも6つの危機によって脅かされている。シリア内戦などの地域的紛争、英国の欧州連合(EU)離脱問題、第2次世界大戦以来の規模の難民急増、未解決の財政問題、ロシアの拡大主義、加えて、政治の表舞台へのナショナリズムの回帰である。

ロシアのプーチン大統領はそうした危機のいくつかを意図的に悪い方向へと誘ってきた。ウクライナからクリミアを奪い、シリアでは軍事介入により中東紛争を激化させ、難民危機を深刻化させた。プーチン氏のこうした脅威に、EUは腰を据えて向き合う必要がある。

極右政党を操るロシア

今欧州を席巻するナショナリズムは、ロシアの各国極右政党に対する資金提供に起因する。極右政党の台頭は、難民問題解決への欧州の一枚岩の対応に水を差している。

たとえば英国では、プーチン支持派の英国独立党の人気に押され、政府は難民受け入れの確約を拒否している。スウェーデンでも極右政党の民主党が急速に支持者を増やしており、国境は閉鎖されたままだ。こうした嘆かわしい意思決定が欧州全体で行われているのだ。

プーチン氏は難民危機の根本的原因であるシリア紛争の政治的解決に向け、国際社会の交渉も妨害している。シリア政府軍は反政府勢力が掌握する都市アレッポを奪還しようと侵攻しているが、ロシアは空爆で政府軍を支援しており、和平プロセスをさらに困難にさせている。

国連によれば2月15日に、女性と子供を含む少なくとも50人が、シリア北部の学校や病院でミサイル攻撃により殺害された。こうした攻撃を「戦争犯罪」と称したフランス政府は全く正しい。ロシアは関与を否定したが、ロシア製ミサイルの破片が現場で発見されている。

さらに、赤十字国際委員会によれば、アレッポ周辺での戦闘でおよそ5万人が家を追われた。こうした窮余のシリア人の多くが、トルコ、そして欧州へと向かうことになる。

次ページロシアの熊を止めるには
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。