ジカ熱対策に虫除けスプレーは期待薄だった

ワクチンの開発加速が優先課題

 3月9日、世界保健機関(WHO)は、広く普及している虫除けスプレーについて、デング熱感染拡大の効果的な対策にならなかったのと同様、ジカ熱についても大きな効果は期待できない可能性があるとの見解を示した。写真はサンフアンで6日撮影(2016年 ロイター/Alvin Baez)

[ジュネーブ 9日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は9日、広く普及している虫除けスプレーについて、デング熱感染拡大の効果的な対策にならなかったのと同様、ジカ熱についても大きな効果は期待できない可能性があるとの見解を示した。

WHOは、3日間にわたる専門家会議を踏まえ、家庭やコミュニティにジカウイルスを媒介する蚊の駆除を呼びかけ、自己防衛するよう啓発することに重点をおくべきと指摘。遺伝子操作済みの個体放出や虫に対する放射線照射などの方法も検討されるべきとしたが、こうした新しい方法は「非常に厳しく」評価されるべきとも警告した。

会議ではまた、ジカ熱感染の診断器具とワクチンの開発を加速することが優先課題とされた。

WHOのキエニー事務局次長は、ジカウイルスを媒介するネッタイシマカは主に屋内に生息し、根絶が困難なことから「蚊のなかのゴキブリ」と表現。対策の照準を家庭やコミュニティに合わせたうえで「効果を評価したい」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT