世界は、なぜポリオ根絶を目指すのか

残された3カ国の課題とは?

ポリオの流行している国・地域で使われるポリオワクチンは、注射ではなく、口から飲むワクチンだ ©Bill & Melinda Gates Foundation/Prashant Pnajlar

皆さんは「ポリオ」という病気をご存知でしょうか。

聞いたことはあるけれど、なんだか自分とは縁遠い病気だ、そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。でも、実は皆さんの多くがポリオという病気に関わったことがあるはずなのです。

いま世界の国々や国際機関、民間団体、企業などが力を合わせて、ポリオ根絶を目指しています。

なぜいま世界はポリオ根絶を目指すのか

ポリオは、小児麻痺という通称で知られ、日本でも1960年代に猛威を振るった感染症です。

ポリオと人類の歴史はとても古く、古代エジプトの壁画にも、片足が麻痺し、杖を持っている人の姿が描かれています。それは、悲劇の少年王として名高い、あのツタンカーメンが生きた時代のこと。紀元前1403年から紀元前1365年頃のことです。

壁画が描かれた当時から今日まで、3400年ほどの時を経ているわけですが、私はこれまでの人生で何度も、ポリオと出会っています。

最初に出会ったのは、私がまだ赤ちゃんのときです。私の母子手帳によると、ポリオワクチンを接種されています。皆さんも、同じように赤ちゃんのころにワクチン接種という形でポリオに出会っていらっしゃると思います。また、お子さんがいらっしゃる方は、お子さんの予防接種でポリオという項目があったことを覚えていらっしゃるかもしれません。

次ページ2度目の出会いは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。