伊那食品に学ぶ「今の日本に必要な資本主義」

会社の決算なんて、3年に1度で十分だ

塚越:それは同感ですね。ROEなどというものは、つまるところ株主がいかに自分たちに利益還元させるかを推し量るための指標でしかありません。株式市場は国が豊かになるうえで、とても大事なものですが、今では単なるマネーゲームの場になりました。だから、ROEなんていう指標が注目されるようになるのです。利益の絶対水準ではなく、利益の中身を検討するべきでしょう。

大久保:多くの企業経営者は、ビジネスの拡大を目指して従業員を道具にしてしまいがちです。でも、100年、200年と続いている企業の経営者は、自分のところの業績うんぬんの前に、「お客様に目を向けなさいよ」「お客様にご迷惑をお掛けしないよう、無理な商談はいっさいしなくてもいいのだからね」「ビジネスの規模は小さくても、それをしっかりやりなさいよ」など、とにかく取引先やお客様のことを考えて行動しているように思えます。いたずらに高成長を求めたりせず、社員の幸せ、取引先やお客様の満足を実現させることを第一に考えて、努力しています。そういう経営者がいて初めて、地味でも着実に成長を継続できる企業ができるのでしょうね。

大事なのは、社員のモチベーションを高めること

塚越:私の野心は、経営者が何も言わずとも、社員が勝手にビジネスを動かしていくような会社にすることです。ただ、そういう組織にするためには、強引さ、知恵、戦略を駆使して、急激な成長を続けるような企業ではダメです。そういう企業は社員に無理をさせるし、業績が悪化すればすぐにリストラをして社員を切り捨てるからです。そんな会社は、むしろ諸悪の根源と言ってもよいでしょう。

大事なのは、社員のモチベーションを高めることであり、そのためには社員が「この会社に勤めていれば生活は大丈夫」と思える環境を、経営者がきちっと用意する必要があります。ただ残念ながら、多くの企業経営者にはこの視点がない。自分の任期中の業績ばかり気にしているような経営者は、単なる我利の塊で、いくら上場企業のトップにまで登り詰めたとしても、その座を退いた時には誰の記憶にも残らない、そういう経営者で終わるでしょう。

大久保:おっしゃる通りだと思います。塚越会長はご自身の目線で日々「いい会社」を目指していらっしゃる。これはまさに「社中分配」の考え方に通じる公益資本主義の実践に他なりません。私は、伊那食品工業のような会社が1社でも増えるよう、この理念を伝えていくつもりです。本日はありがとうございました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT