ダイハツ60万円カーが大人気! “軽”勝利の新方程式

ダイハツ60万円カーが大人気! “軽”勝利の新方程式

人気を集めるのはハイブリッドカーだけではなかった。今、驚くような売れ行きを見せる軽自動車がある。ダイハツ工業のエッセだ。

2005年の発売から4年が経過し、普通なら販売台数をずるずる減らしていてもおかしくない。が、エッセに限っては状況は逆だ。6月の受注は前年比1%増、7月は12%増。ダイハツの1~7月総販売は10%減だから、エッセの好調は群を抜く。最近では月間販売ベスト10にも頻繁に顔をのぞかせている。

人気の理由は価格にある。希望小売価格77万円からと、ダイハツ車で最も安い。今ならエコカー減税で1万6500円が優遇され、13年以上の古い車から乗り換えれば、さらに補助金12万5000円がもらえる。60万円台(諸費用別)から買える強烈なお手頃感が消費者の支持を集めているのだ。

10年間で価格上昇

1998年に衝突安全を重視し車両規格が大型化されて以降、軽自動車メーカーは性能や安全性に加え、居住性や質感によりこだわるようになった。同時に価格も上がった。今やダイハツで主力車種のムーブは最低105万円、タントは108万円出さないと買えない。最上位機種ムーブコンテカスタムになると133万円からと、登録車も顔負けの値札がつく。かつて「2リットル車の4割で買える」といわれた軽の相場は10年間で様変わりしている。

購入時の税金が安く維持費も安い軽自動車は、庶民の足といえる。全国軽自動車協会連合会の調査によれば、100世帯当たりの普及率は、鳥取の97%を筆頭に38県で50%を超える。公共交通手段が乏しい地域には、なくてはならない存在でもある。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。