ダイハツ60万円カーが大人気! “軽”勝利の新方程式

ダイハツ60万円カーが大人気! “軽”勝利の新方程式

人気を集めるのはハイブリッドカーだけではなかった。今、驚くような売れ行きを見せる軽自動車がある。ダイハツ工業のエッセだ。

2005年の発売から4年が経過し、普通なら販売台数をずるずる減らしていてもおかしくない。が、エッセに限っては状況は逆だ。6月の受注は前年比1%増、7月は12%増。ダイハツの1~7月総販売は10%減だから、エッセの好調は群を抜く。最近では月間販売ベスト10にも頻繁に顔をのぞかせている。

人気の理由は価格にある。希望小売価格77万円からと、ダイハツ車で最も安い。今ならエコカー減税で1万6500円が優遇され、13年以上の古い車から乗り換えれば、さらに補助金12万5000円がもらえる。60万円台(諸費用別)から買える強烈なお手頃感が消費者の支持を集めているのだ。

10年間で価格上昇

1998年に衝突安全を重視し車両規格が大型化されて以降、軽自動車メーカーは性能や安全性に加え、居住性や質感によりこだわるようになった。同時に価格も上がった。今やダイハツで主力車種のムーブは最低105万円、タントは108万円出さないと買えない。最上位機種ムーブコンテカスタムになると133万円からと、登録車も顔負けの値札がつく。かつて「2リットル車の4割で買える」といわれた軽の相場は10年間で様変わりしている。

購入時の税金が安く維持費も安い軽自動車は、庶民の足といえる。全国軽自動車協会連合会の調査によれば、100世帯当たりの普及率は、鳥取の97%を筆頭に38県で50%を超える。公共交通手段が乏しい地域には、なくてはならない存在でもある。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT