ダイハツ60万円カーが大人気! “軽”勝利の新方程式

拡大
縮小

さらにこの不況で、車にかけられるおカネは減っている。エッセの“異常人気”は、1台当たり粗利の最大化を追求してきたメーカーの姿勢にも一石を投じそうだ。

ダイハツは8月17日、都内で新型車ミラココアを発表した。最新のプラットフォーム(車台)や駆動系部品を搭載しながらも、価格は105万円からに抑えた。箕浦輝幸社長は会見後、記者団に「全体的に低コスト車にシフトしていく方向で考えている」と示唆。下期には複数の新車投入を控えており、エッセと同じかそれ以下の超低価格車を投入する可能性も出てきた。

ライバルは30年前に47万円のアルトを発売して世間を驚かせた、あのスズキである。鈴木修会長兼社長も黙ってはいられないはずだ。

今年の軽自動車販売は9%減の170万台程度に落ち込む予測だが、10年ぶりの価格破壊は台数反転の起爆剤になりうる。秋の軽商戦から目が離せなくなってきた。

■業績予想・事業概要など、会社情報の詳細はこちら

(撮影:尾形文繁)

高橋 由里 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

たかはし ゆり / Yuri Takahashi

早稲田大学政治経済学部卒業後、東洋経済新報社に入社。自動車、航空、医薬品業界などを担当しながら、主に『週刊東洋経済』編集部でさまざまなテーマの特集を作ってきた。2014年~2016年まで『週刊東洋経済』編集長。現在は出版局で書籍の編集を行っている。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT