ダイハツ60万円カーが大人気! “軽”勝利の新方程式

さらにこの不況で、車にかけられるおカネは減っている。エッセの“異常人気”は、1台当たり粗利の最大化を追求してきたメーカーの姿勢にも一石を投じそうだ。

ダイハツは8月17日、都内で新型車ミラココアを発表した。最新のプラットフォーム(車台)や駆動系部品を搭載しながらも、価格は105万円からに抑えた。箕浦輝幸社長は会見後、記者団に「全体的に低コスト車にシフトしていく方向で考えている」と示唆。下期には複数の新車投入を控えており、エッセと同じかそれ以下の超低価格車を投入する可能性も出てきた。

ライバルは30年前に47万円のアルトを発売して世間を驚かせた、あのスズキである。鈴木修会長兼社長も黙ってはいられないはずだ。

今年の軽自動車販売は9%減の170万台程度に落ち込む予測だが、10年ぶりの価格破壊は台数反転の起爆剤になりうる。秋の軽商戦から目が離せなくなってきた。

■業績予想・事業概要など、会社情報の詳細はこちら

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。