新浪剛史・ローソン社長--次の10年で目指すのはイノベーションで1位

新浪剛史・ローソン社長--次の10年で目指すのはイノベーションで1位

--コンビニが誕生して35年。その役割や機能は大きく変化しているように思います。

最初の25年から30年弱、コンビニはまさにイノベーションの塊だったと思います。たった30坪超の店に、ケーキ屋の売れ筋を入れたり、書店の売れ筋を入れたりしながら、どんどん進化してきた。おにぎりだって、われわれは新しい機械を徹底的に研究してセブンと競争した。

ところが、それが30年くらい経ったところで止まってしまった。イノベーションから出店競争に変わったことで、衰退の時期を迎えたんです。イノベーションのDNAが死んでいってる。出店競争の結果、自店競合が起こり、加盟店との信頼関係も揺らぎ始めた。地殻変動が起こっている。危機感を感じています。

次の30年は、出店競争から既存店のイノベーション競争に変えていかなければいけない。人口減と高齢化も進むでしょう。20~40代男性をコアターゲットとしたモデルではもはや成長できない。一方で、50代以上の人口は今後も増えていく。だからここを攻めることで、コンビニもまだまだ成長の余地があるんです。

--それが今、力を入れている生鮮コンビニですね。

生鮮コンビニの展開によって、50代以上の顧客が全体で15%は増えた。構成比は2割程度。一番立地を取るのが厳しくなる中、これなら路地を入った二番立地でも勝てる。am/pmの買収が破談になりましたから、今はこれが首都圏戦略の中心。

最近は生鮮コンビニを利用する若い人も増えている。こういう事実から普通のローソンが学ぶこともありますね。今、生鮮を扱う店は2000店くらいですが、日配品や地域特性を持った商品を強化すれば、利用の機会はまた増える。

これからは、忙しい人のための「タイムコンビニエンス」から、近いというメリットを消費者がもっと享受できるような「ディスタンスコンビニエンス」を追求していく。今がその変革期だと思っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT