新浪剛史・ローソン社長--次の10年で目指すのはイノベーションで1位

サービス過多を見直し 次は医食同源に注目

--今後、コンビニの機能や役割は、今以上に広がると思いますか。

そう思いますね。ただ、あれもこれもと付加してきたサービスで、店舗の作業負担は増大してしまった。たとえば、公共料金の収納代行などは、来店のついでに商品を買ってくれる人の割合が実際のところ非常に低い。無理は相当きています。

次の30年を目指すなら、現場の負担を考えないといけない。結局、サービスを提供する加盟店のやる気があって初めて、顧客にとっての使い勝手がよくなるわけです。アルバイトが覚えられないサービスは結果的にお客様に迷惑をかけてしまう。これではいけない。

だから、チケット端末は、コンテンツの数を絞り込んでいます。収納代行もお客様からある程度の手数料をいただくべきかもしれない。お客様と加盟店がウィン・ウィンになるためにどうするかを考えます。

--最後に、今後のローソンにとって、最大のイノベーションになりそうなことは何ですか。

今後5年、10年だと、高齢化に向けた食の提案かな。今、日本に糖尿病患者は2000万人、しかもその数は増えている。今までどおりの食でいいわけがないという意識が高まる中、家庭では簡単に調理できないが、身近で買えるという点で付加価値をつけられると思います。こういった医食同源のような食提案は、大きなイノベーションじゃないかな。

にいなみ・たけし
1981年三菱商事入社。91年ハーバード大学でMBAを取得。給食のソデッソジャパンを経て、2002年ローソン社長に就任。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。