よみうりランド、100億円投じた新施設の狙い

遊びと学びの"一石二鳥作戦"は成功するか

ただし「工場」といっても、そこは遊園地。食品や服飾など各工場内で製造工程を辿れる乗り物に乗れば、ジェットコースターばりの激しい揺れが待ち受ける。ここがキッザニアなど、既存の職業体験施設との大きな違いだ。

「あくまで入り口はエンタテインメント。その上で学びと遊びのバランスを工夫した」と、「グッジョバ!!」立ち上げ責任者の曽原俊雄氏は話す。

成否のカギ握る「バランス」

成否のカギも、この「バランス」の具合が握りそうだ。学びに偏りすぎれば、祖父母、親子世代の客層は取り込めても、遊びが目的の成人カップルらは足が遠くなる。

そうならないよう、ジェットコースターなどの遊びを取り入れた格好だが、結局絶叫マシンと同じと見なされれば、祖父母世代には魅力的と映らない可能性もある。

新エリア開設に合わせ、よみうりランドは大胆な値上げを発表した。1日乗り放題のワンデーパスを4000円から5400円(大人1名の場合)へと値上げする。

100億円投資を回収するには、それだけ値上げしても、客数を伸ばし続けるしかない。老舗遊園地が社運を託したプロジェクトは、「遊び」と「学び」が一石二鳥と評価されるか、虻蜂取らずに終わるのか――その来場者の評価に懸かっている。

(写真は記者撮影、一部はよみうりランド提供)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT