USJが乗り出す沖縄パークに秘められた魅力

大阪とはまったく別物、投資家の視線も熱い

沖縄にもテーマパークを作るというUSJ。政府の支援も取り付けた

摂氏30度を超す暑さにもかかわらず、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の「ハリー・ポッター(ハリポタ)」エリアには、おなじみの魔法使いの黒いローブをまとったファンが詰めかける。エリア開業から1年が経ったが、平日も入場制限されることがほとんどだ。

ハリー・ポッターで完全復活

このハリポタを武器にユー・エス・ジェイの業績は絶好調。2014年度の入場者数は1270万人を記録。営業利益は2年連続で過去最高を更新した。

USJは映画のテーマパークとして2001年に大阪で誕生。開業当初こそ入場者は年間1000万人を超えたが、その後10年にわたって客数が低迷した。だが2012年に子供向けエリア「ワンダーランド」を開業して、手薄だったファミリー層を取り込み、人気コミック『ワンピース』のイベントなどで新たな客層の開拓にも注力。2014年オープンのハリポタで大復活を遂げた。

そんなUSJが沖縄に進出する。今年3月にグレン・ガンペル社長が正式に表明、7月17日に翁長雄志沖縄県知事と会談し協力を要請した。年内にも事業計画を固める。

次ページUSJブランドは使わない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。