2014年IPO銘柄の勝敗は?

人気企業登場の一方、期待外れの銘柄も続出

(10月16日、東京証券取引所上場記念セレモニーでのリクルートホールディングス・峰岸真澄社長。撮影:梅谷秀司)

8年ぶりに1兆円を突破──。アベノミクスによる株高傾向を受けて、企業の株式新規公開(IPO)が活発に行われている。

12月には、スマートフォン向けゲームを手掛けるgumi(グミ)や、電力卸のイーレックスなど、28社が“駆け込み上場”する予定だ。

これによって、今年の新規上場数は77社と、昨年比23社増加。IPO銘柄の投資情報サイトである東京IPOによると、上場で調達した資金の総額は年末までに1兆円を超える見通しだ。1兆円超えは、約1兆3000億円を調達した、2006年以来となる。

上場数や調達額で見ると、リーマンショック前の水準まで戻りつつある。が、個別銘柄のパフォーマンスは、どうだったか。

今回、「週刊東洋経済」は、11月13日までに上場した企業の公募価格と直近株価から、騰落率を算出。銘柄の「勝敗」をランキングにまとめた。

期待のベンチャーに沸く

上位を占めるのはやはり新興市場銘柄だ。「東証マザーズに上場する企業の多くは設立12年未満。若い企業は成長性も高いとの期待感が大きい」(東京IPOの西堀敬編集長)ことが背景にある。

中でも上場後も株主の期待が高いのが、ロボットスーツ「HAL」を開発するサイバーダインだ。創業10年目の15年3月期は売上高7.5億円、経常赤字5.5億円の予想。筑波大学発ベンチャーで発展途上にもかかわらず、11月19日の14年4~9月期決算説明会には、アナリストなど120人強が詰めかけた。

次ページ上場後も期待つなぐ銘柄
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT