米ディズニー入場料改正、混雑度に応じ3段階

95ドル、105ドル、119ドルの3段階に

2月27日、米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは、国内のテーマパークの1日チケットの新たな価格システムを発表した。混雑する日に高くなり、比較的空いている日に安くなる3段階の価格を導入する。 写真はアナハイムのディズニーランド。2005年5月撮影(2016年 ロイター/Fred Prouser)

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>は27日、国内のテーマパークの1日チケットの新たな価格システムを発表した。混雑する日に高くなり、比較的空いている日に安くなる3段階の価格を導入する。同社がブログの投稿で明らかにした。

ディズニーはこうした需要に応じたチケット価格で、フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドとカリフォルニア州のディズニーランド・リゾートの混雑を緩和させたい意向。

28日からディズニー・ワールドのマジックキングダムの1日チケットの価格は9月など比較的空いている時期は105ドル、通常時期は110ドル、春休みや夏の繁忙期は124ドルとなる。ディズニーランドはそれぞれ95、105、119ドルとなる。

この新システム導入前のマジックキングダムの通常時の1日チケットの価格は105ドル、ディズニーランドは99ドルだった。

ディズニーの決算報告によると、昨年第4・四半期に同社のテーマパークを訪れた客の数は前年同期比10%増となり過去最高を更新した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT