ホンダがヒット車を生むために作った新体制

走りやデザインの向上がカギに

これも結局はホンダ自身、ここ数年、目立ったヒット車を出せていないことが大きい。余剰解消で期待されるのは、今後モデルチェンジを控える「CR|V」「アコード」などグローバル車種だが、裏返せば、“過去の遺産”に頼っているといえる。

八郷社長が「いかに商品力ある車に仕上げるか」と強調するように、かつてのホンダ車らしいデザインや走りが今は弱い。

社長より年長の執行役員7人は退任

ホンダで生え抜き初の女性執行役員となる鈴木麻子氏

さらに今回は人事も塗り替えた。

社長より年長の執行役員7人退任で世代交代を促進。副社長には「中国で100万台の販売を達成できる人材」(八郷社長)として中国本部長を務める倉石誠司常務執行役員(57)が昇格する。生え抜き初の女性役員として、東風本田の鈴木麻子総経理(52)も執行役員に就任、日本での商品計画を受け持つ。多様な視点を通して市場の声を吸い上げる考えだ。

「より競争力のある車造りに向けた改革」とある系列部品メーカー社長が認めるように、近年いい話題のなかったホンダから少なくとも「変化」がうかがえる。とかく発信力に乏しく、地味なホンダを象徴していたような八郷社長も、独自色発揮に懸命だ。体制刷新で念願のヒット車を生み出せるかどうか。「チーム八郷」の真価が問われる。

「週刊東洋経済」2016年3月5日号<2月29日発売>「核心リポート03」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT