「レクサス」を雪上で思う存分に走らせてみた

高級SUV・スポーツモデルの意外な実力

ハードな雪道も難なくこなしていくレクサスの超高級SUV「LX」

レクサス。もはや説明する必要もないだろう。企業や役所の公用車としても使われる1000万円オーバーの「LS」を頂点として、トヨタ自動車が国内外で展開する高級車ブランドだ。

そのレクサスで雪上をドライブするといったら、なんだか、イメージがわかないという人も多いだろう。でももし、「飛行機で北海道の帯広まで飛んで、ピカピカのレクサスが現地で用意され、プロドライバーの手ほどきを受けながら、雪上で思う存分にレクサスのパフォーマンスを引き出せる」と聞いたら、食指が動く人もいるのではないだろうか?

一般向けの雪上試乗会

そんな雪上試乗会が企画された。実はメディア向けに特別に用意されたものではなく、レクサス・ブランドを通して特別な体験をする「LEXUS AMAZING EXPERIENCE(レクサス・アメージング・エクスペリエンス)」なるプログラムの一環として、広く一般の人向けから参加者を募集している体験プログラムだ。

とかち帯広空港に集合し、サーキットを使ってのプロドライバーによる雪上ドライブのインストラクションと宿泊に加えて、北海道の食材を活かしたランチとディナーまで加えて、参加費用は1人8万5000円~という設定だ。大人2人で1泊2日のツアーに参加して17万円~、これに北海道への交通費が加わる。

が、このプログラムに参加した筆者から結論を先に言えば、レクサスに乗れるほどの収入や資産をお持ちの人なら、この価格設定は決して高くないのではと思える内容だった。もし、ひとりで同じことをしようとしても、とても同じ体験はできないからだ。

次ページ人気のSUV「LX」も登場
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT