「4代目プリウス」乗ってわかった真のスゴさ

試乗リポートを最速で公開!

4代目プリウスの試乗リポートを最速で公開

拝啓 モリゾウ社長 殿

創業家ご出身の経営者として、2009年6月にトヨタ自動車を率いる立場になられて以来、「運転して楽しいクルマを作る」とおっしゃっていましたけれど、これまで登場した新車にそれほど感心はしていませんでした。けれども、4代目となる新型プリウスに乗って、疑り深い私も、今回ばかりは社長のおっしゃっていたことに頷くばかりです。

敬具


 

トヨタが12月9日に発売を控える4代目になった新型プリウス。初めて経験したその乗り味は、豊田章男社長に向けてこんな手紙を書きたくなるような完成度だった。

3代目プリウスの短所を改善

3代目プリウスの販売期間は約6年。この間に妹分として2011年末に登場した「アクア」が37km/L(ガソリン1リットル当たりの走行距離、JC08モード、以下すべて同じ)の低燃費を叩き出したこともあって、4代目は40㎞/Lの燃費性能を掲げて開発が進められた。さらに、3代目の短所とされたステアリング・フィール、ブレーキ・フィール、乗り心地の向上も開発にあたって重視された。

筆者の専門分野からすると、進化したハイブリッド機構「THSⅡ」や新しいグローバル・プラットホーム「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」についてつらつらと解説したくなるが、ここはまず、乗ってみてどうかから手をつけていきたい。

初代、2代目、大目に見て3代目までのプリウスは、まだ産声を上げたばかりのハイブリッド車だけに、多少の未熟さに目をつぶっても、その志の高さを買って育てていきたい気持ちがなくはなかった。しかし、第4世代は初代登場から数えて18年を経ての登場だ。

人間でも18歳になれば、自分の責任は自分で取れる年頃。まして、お金を払って買うクルマの価値を評価するに当たって、ひいき目に見る必要などない。 

次ページ運転席に乗り込んで感じた「進化」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT