日本はスペイン無敵艦隊の「二の舞」になる

元国税調査官が分析する「消費増税」のリスク

消費増税、軽減税率の問題に揺れている日本。今後はどうなるのでしょうか(写真 :bee / PIXTA)
2015年末から、消費増税、軽減税率の問題に揺れている日本。こうした国・経済政策の動きは、「大局的に見て」正しい方向に進んでいるのでしょうか。多数のベストセラーを執筆し、別ペンネームで歴史関連書籍も発表している元国税調査官・大村大次郎氏(近刊に『お金の流れでわかる世界の歴史』『お金の流れで読む日本の歴史』がある)が今の流れに警鐘を鳴らします。

 

昨今、世界経済・日本経済は、先進各国の財政悪化、中国経済の減速、世界規模での格差社会化などで大きく揺れています。こうした状況をつぶさに見ていくと、実は、今の世の中は「フランス革命前夜」に似ていることがわかります。これからの世界経済を占うためにも、フランス革命にいたった経緯をふくめ、世界史に目を向けることが大切です。

フランスはご存じのように中世からのヨーロッパの大国で、ルイ14世の時代には強固な王政国家でもありました。ところが、1789年からのフランス革命によって劇的に王政が倒されます。これは実は、王室の財政破綻、つまりデフォルトが大きな要因となっているのです。

中世フランスの国家財政は「火の車」

「絶対王政」という言葉から連想すると、中世ヨーロッパの国王には、絶対的な権力があり、国中の財を独り占めしていたようなイメージがありますが、決してそうではありませんでした。

まず、中世のヨーロッパ諸国においては、「国全体が王の領土」というわけではありませんでした。貴族・諸候がそれぞれ領地を持ち、王はそれらの束ね役に過ぎなかったのです。国王の直轄領もありましたが、決して広いものではありません。治めている領地が狭いということは、そこからもたらされる税も少ないということです。貴族・諸候たちは税金を免除されていたので、国王の収入としては、さほど広くない直轄領からの税と、関税くらいしかなかったのです。

次ページフランス国民を苦しめていた「タイユ税」とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。