香港の大規模衝突で64人逮捕・37人起訴、負傷者は130人超

負傷者は130人超に

[香港 11日 ロイター] - 香港で起きた市民と警官隊との大規模な衝突に関与したとして逮捕された64人のうち、37人が11日に起訴されたことがわかった。

香港九竜地区の繁華街、旺角(モンコック)で9日早朝、屋台を撤去する当局の措置に反発した市民のデモが、レンガを投げつけたりゴミ箱に火をつけるなど暴徒化。2014年末に警察が民主派デモ隊を強制排除して以来、最も大規模な衝突となった。

この衝突で130人以上が負傷した。

警察の発表によると、「暴動」に関与したとして起訴されたのは、15歳から70歳までの男女38人。うち15歳の1人は12日に少年裁判所に送られる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。