「仕事だけ人間」は部下の力を伸ばせない

「部下の人生にコミットする力」はあるか?

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

たとえば全社員に「こういう資格のある人を募集します」と告知すると、男性ならその条件に6~7割該当していれば応募してくる人が多いんです。ところが女性はその条件にぴたっと合ってなければ応募しない。テーブルにつこうとしないんです。

おそらく女性には、その他の選択肢が多過ぎるのでしょう。仕事のキャリアアップと同時に、結婚、出産、育児、嫁としての立場や介護などの家庭の事情、やらなきゃいけないことがたくさんあって、仕事優先というのが難しい。旦那が手分けしてくれると思えないのでしょうな。男が家のことを女性に押しつけすぎなんですよ。

――それはたぶん、今も昔も変わりませんね。

サンドバーグ曰く、キャリアはマラソンで、沿道の観衆は男性ランナーには「がんばれ」と声援を送るが、女性には「そんなに無理するな」「もう十分、最後まで走らなくていい」「どうして走り続けるのだ、家で子どもが待っているのに」と言うんだそうです。そりゃ、辛いでしょう。

女性が活躍できる社会とは、一握りのキャリア女性だけでなく、その他大勢の「普通の女性」が男性と同じようにキャリアを積んでいける社会ですよ。

管理職の方が自分で決められる

――そのためには普通の女性でも、昇進を引き受けなさいと。

私が言い続けているのは、タイムマネージメントとかワークライフバランスを向上させたいのなら、管理職になるほうがいいということです。なぜなら、自分で決められるからです。

私は、現役バリバリのときに妻が入院してしまい、家事も育児もやらなくてはならなくなりました。残業ができなくて、定時退社を続けながらもなんとかこなせたのは課長だったからですよ。自分の事情を部下に話して、課全体で残業しなくてもいい職場を目指したのです。

もし、課長代理かもうひとつ下だったら、課長の許可を取らなければならない。みんなが残っているときに、ひとりだけ先に帰るわけですからね。

だから女性に対しては、管理職になって自分で時間をコントロールしなさいと言いたいです。与えられたチャンスを簡単に手放さないこと。何も完璧を目指す必要はないんですから。やってみれば新しい視界が開けますよ。

男性は、男女の別なく部下とコミュニケーションを取り、よく理解してあげること。特に女性には、聞く耳を持つことを忘れずに。

(構成:山田恵子、撮影:後藤利江)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。