NHKは本当に変わったか--実力か、民放各社の衰退か?(上) 


 制作する番組の内容についても、「政治に近かった海老沢体制下では、(政治や過去の戦争関連など)踏み込んだものは、作りにくかった。ケチをつけられないように上層部の顔色をうかがいながら制作していた」(元プロデューサーのNHK職員)という。ジャーナリストらしい踏みこんだ内容の番組作りがしづらい環境になっていたのだ。

さらに04年にプロデューサーの番組制作費着服など一連の不祥事が発覚し、NHKに大逆風が吹き荒れる。その後、海老沢氏は辞任。後任で技術局出身の橋本元一前会長は、コンプライアンス強化など進めたが、09年度始動の経営計画の内容をめぐってNHKの最高意思決定機関である経営委員会と対立。昨年1月には、職員によるインサイダー取引も発覚し、辞任を余儀なくされた。NHKに対する風当たりはますます厳しくなっていた。

混乱が続くNHKの抜本改革に向け、当時の経営委員長だった古森重隆氏(富士フイルムホールディングス社長)に請われて会長に就任したのが、アサヒビール相談役だった福地氏だ。会長が外部起用されたのは、三井物産の池田芳蔵氏以来19年ぶり。就任当初、福地会長の手腕は疑問視されることが多かった。池田氏が国会答弁の不手際などで、わずか9カ月で辞任したという過去があるのに加え、「メディアの素人に、NHKの経営はできない」という見方をされたためだ。

ところが、就任から1年余りたった今、前述のように、NHKには好循環が生まれている。それを影で支えているのは、福地会長の経営術のようだ。

(下に続く)

(中島順一郎 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT