NHKは本当に変わったか--実力か、民放各社の衰退か?(上) 


 視聴者目線はドラマ以外の番組にも浸透しつつある。昨年の北京オリンピック。民放はキャスターにタレントを起用し、バラエティ的な番組作りが目立った。対照的にNHKは競技の放送に軸足を置いた結果、視聴率は上昇。昨年度上半期ゴールデンタイム首位獲得に貢献した。昨年末の紅白歌合戦では、本来の歌番組らしく曲間に登場する応援団を減らし、出場歌手の人数を増やした。その効果もあり、視聴率は3年ぶりに40%を超えた。「必要なことだけを伝える作業を忠実にやった。それが視聴者の支持を得た」と福地茂雄会長は言う。

番組の評価が上がれば受信料にも跳ね返ってくる。不祥事の発覚で、ピーク時には120万件を超えた受信料の支払い拒否・保留の件数が着実に低下しているのだ。もちろん不払い世帯に対して、裁判所への支払い督促の申し立てを行うなど、受信料徴収を強化した効果が大きいのも事実。ただ、営業を統括する大西典良理事は「(不祥事で)一時は営業センターの日常業務ができないほど、口座解約や厳しい意見の電話が鳴っていた。しかし最近は、番組への高い評価の声をいただくようになり、営業改革との相乗効果が出てきている」と話す。番組の評価が支払い拒否を減らしているのは確かだ。

NHKにはこうした好循環が生まれ始めている。もっとも、NHKが公共放送である以上、視聴者の目線や満足を大事にするのは当たり前。だが、その追求を阻んでいた大きな要因の一つが、NHKの組織風土だ。

海老沢体制が縦割り組織をさらに悪くした

NHKは「報道、制作、営業など局が違えば別会社」(NHK中堅職員)というほど、一般会社以上に強固な縦割り組織だ。さらに報道局内でも政治部、経済部、社会部などは縄張り意識が強い。それに輪をかけたのが、1997年から05年まで会長を務めた海老沢勝二氏といわれる。「出世するのは(海老沢氏の出身である)政治部の記者ばかり。重要ポストは側近で固め、独裁体制を築いたことにより、親分子分主義に拍車がかかった」とNHK関係者は語る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT