"コミュ下手"の蔡英文が総統選を制した意味

体育会気質の民進党で躍進したエリート学者

蔡英文は敗戦に対し、淡々としながらも確かな口調で「みなさんは泣いてもいいが、落胆してはいけない。悲しんでもいいが、諦めてもいけない。明日からは、また以前の4年間と同じように勇気と希望を持つのです」と語った。

当日、会場で話を聞いていた私も、さすがに感動で目が潤んでしまった。その様子が中国でも放送されたことで中国人の間で評判になり、それまでの民進党に対する「粗暴な独立派」というイメージが変わるきっかけになったとも言われている。

敗れたあと、いったん党を離れて民間に戻り、社会各層と交わることによって再起を期したことも、正確な判断だった。党内のライバルだった蘇貞昌・元行政院長との厳しい政治闘争にも勝ち抜き、民進党の課題だった世代交代を粘り強く進めて党内のうるさ型も抑え込んだ。

人との接し方にも穏やかさや優しさが加わり、「頭が固くて融通が利かない」という評判が徐々に薄れ、いつしか「蔡英文は変わった」という声が広がるようになった。

「優等生」からもう一段脱皮できるか

台湾は、これまでとは「異世界」の人間をリーダーに迎えることを選んだ。蔡英文は経験の浅い政治家である。選挙戦では素人っぽさがかえって新鮮に見える瞬間もあった。

蔡英文は、攻撃力はそれほどではないが、守備力に長けた政治家であると思える。今回の選挙でも、国民党陣営からの様々な攻撃に対して、つねに冷静かつ理性的に対応し、批判のネタになる失言はなかった。馬英九総統の不人気やヒマワリ運動の成功などから与えられたリードを無事安全に守りきるという意味では、最適任の候補だったのかも知れない。

しかし、複雑な歴史と、異なる背景の人間集団と、不利な国際環境を生来的に抱え込んだ台湾の政治は、つねに難題と向き合わなければならない厳しい世界だ。輝いている蔡英文が、現在の馬英九のように、4年後、8年後になって今回票を投じた689万人に「裏切られた」と思われないようにするためには、「優等生」のよさを失わないまま、どうやって本物の「政治家」に向けてもう一段の脱皮を図ることがカギになる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT