尾原 和啓(おばら かずひろ) Kazuhiro Obara
ITエバンジェリスト

京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、NTTドコモのiモード事業立ち上げ支援、リクルート、グーグル、楽天などで事業企画、投資、新規事業などの要職を歴任。現在、IT批評家、藤原投資顧問シニアアドバイザーのほか、「TEDカンファレンス」の日本オーディション、「Burning  Man Japan」に従事するなど、西海岸文化事情にも詳しい。インドネシア・バリ島在住。著書に『ITビジネスの原理』『どこでも誰とでも働ける』『モチベーション革命』などがある。

 

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。