仕事が速い上司の「0秒仕事術」ベスト3

なぜあの人のチームは成果が上がるのか?

仕事が速い人がしている仕事術とは?(写真:AH86 / PIXTA)
前回の記事「仕事が速い人がやっている「スゴ技」ベスト3」では、200人の部下を率いる現役の外資系マネジャー木部智之氏の「スピード狂の仕事術」をランキング形式で紹介しました。後編は、チーム編。木部氏に、自分だけではなく一緒に仕事をしているメンバー、チーム全体の仕事を5倍速くする方法を語ってもらいます。

 

自分の仕事がいくら速くなっても、チームで仕事をしている限り、ほかのメンバーの仕事のスピードに影響を受けることは避けられません。マネジャーであればなおさら、自分のチームをいかに動かしチームとして成果を出すかが腕の見せ所となります。

前回記事で紹介しましたが、私は現在、超大規模で超困難なシステム開発プロジェクトを担当しています。そのプロジェクトで最後方に位置していた、日本と大連を合わせて200人の開発チームを引き継ぎ、1年あまりで先頭を走るチームへと変革させました。

最後方にいたチームを先頭を走るチームへ変革するためには、一人ひとりの作業を速くするだけではなく、チームとしてのスピードも速くする必要がありました。

チームの成果が出ないのはメンバーのせいではない

仕事ができる人ほど、マネジャーになってチームを率いる立場になると、「メンバーに恵まれない」と勘違いをするという悲劇に遭います。「自分がやればもっと速いのに」「自分がやればもっと成果が出るのに」「なんでみんな出来ないんだ」と残念なメンバーたちを嘆きながら、自分でメンバーの仕事をやってしまい、結果的に成果を上げられないチームを作り上げてしまうのです。

私も若い頃は、「自分でやったほうが速くて確実だ」と思ってメンバーがするべき仕事を自分でやっていたことがありました。小さいチームでは、それでもなんとか回っていましたが、自分が担当するチームが大きくなるにつれて、そのスタイルだと自分自身がチームのボトルネックになってしまい、チームとしての成果が上がらないことに気づいたのです。

サッカーのバルセロナ、レアル・マドリードのようなスーパースター級の選手が揃っているチームですら、監督が変わるとその年のチームの結果が変わってしまいます。

つまり、チームの成果がでるかどうかはメンバーが揃っているかどうかではありません。チームの成果が上がらない原因の9割はリーダーにあるのです。

次ページチームが成果を上げるには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT