将来「人口が激変する」500自治体ランキング

2045年推計人口は2015年比で大幅に減少する

日本全国では人口減少が深刻になりますが、都心3区への人口集中はこれから先も続く見通しです(撮影:今井康一)

日本の人口問題を考えるため、人口増減に関するランキングをこれまで紹介してきた。足元の人口変化にも急激なものがあるが、より深刻なのはこれから先の推計人口だ。

本記事に関連したさらに詳しい『都市データパック』のデータのほか各種データを販売する「東洋経済データベースサービス」。各種データのカスタマイズにも対応します。

今回は、「都市データパックデータ」の掲載データから、地方自治体の2045年推計人口を紹介したい。データは、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域別将来推計人口」から取得したもので、2018年の推計に基づく。

ランキングは2045年の推計人口と2015年国勢調査に基づく人口の比較を行い、増加でも減少でも、変化が大きい自治体の順にランキングした。

対象は全国の市と東京23区の全815自治体で町と村は含まれていない。増減率20%以上の変化が推計された自治体に絞ってランキングしている。

30年で人口が半減する予測が49の市に

2045年時点の日本の人口は1億600万人程度となり、人口が30年で2000万人以上減ると予想されている。ランキングをみると、全国の大多数の市と区で人口が減少することがわかる。

『週刊東洋経済臨時増刊「都市データパック 2019年版 新装刊」は6月17日に発売。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

とくに地方での人口減少には歯止めがかからない。調査対象である市のレベルでも、2045年の推計人口が1万人を下回る市が23市あるほか、2015年の人口に比べ50%以上の減少となる予測の市も49市ある。

ランキング1位となった歌志内(うたしない)市は、北海道のほぼ中心に位置する全国で一番人口が少ない市である。

石炭産業で栄えた歌志内市だが、ピーク時(1948年)に4万6000人を超えた人口は、石炭産業の衰退とともに10分の1以下になった。

推計ではこの傾向は変わらない予想で、2045年には1000人の大台も下回る見通しだ。

次ページ人口が増加する見込みの自治体もある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。