言う事を聞かない子どもの親の残念な共通点

子どもを叱る前に試したい2つのこと

親の気分次第で、同じことも「いいとき」と「悪いとき」がある場合も同じことが言えます。

もちろんイレギュラーは存在しますが、まずは、子どもに一貫性をもって誠実に関わることを心がけてほしいと思います。

親が、子どもとの約束を守ることが、約束を守れる子どもを育てます。

当たり前に思う方も多いと思いますが、たとえば、

「今度のお休みに、公園に行こう」

「次に来たときに、お菓子を買ってあげる」

などの日常的な約束、きちんと守っているでしょうか。親からしたら何げない会話かもしれませんが、遂行されなければ子どもはひどく傷つきます。

週末の休みに、公園に連れて行ってあげたいなと思って発した言葉に偽りはないかと思うのですが、いざ週末になると面倒になってしまい適当に、「また今度ね」などと言ってはいないでしょうか。

大人には絶対にやらないことをしてしまう

実際に週末になってみたら「ひどく疲れている」「天候があまりよくない」「やらなければならないことができて物理的に難しい」などさまざまな状況の変化に見舞われることがあるかと思います。

そんなときには、子どもであったとしても約束を守れなかったことに対して、理由を伝えて謝る、また、場合によっては代案を出すなど、折り合える地点を見いだすことが必要です。他人の大人に対して絶対にやらないようなことを、自分の子どもになら平気で、しかも無意識の場合が多いのは問題です。子どもであったとしても、誠意をもって接することが重要なのです。そのためには、その場しのぎの安易な約束をしないことが大切です。

親が、子どもに対しての関わり方に一貫性を持ち、日常の小さな約束を守ることを徹底するだけで、子どもの親に対する信頼度は確実に上がります。結果的に安定した気持ちを育み「聞き分けがよく」なるのです。

そうすれば、親もイライラすることが減り、より一層ゆとりをもって、子どもに接することができる好循環を生みます。

ぜひ今日からの生活に取り入れていただき、健やかな親子関係を築く一助にしてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT