高須院長「医者の子どもは医者に向いている」

「僕も裏口入学」とツイートした真意とは?

「高須クリニック」創業者の高須克弥氏。高須氏が考える医学部改革「私案」とは?(撮影:今井康一)
7月に発覚した東京医科大学の入試不正をきっかけに、医学部の受験のあり方や、医師の働き方に関する議論が広がってきた。9月には文部科学省が全国医学部の調査結果を発表、「他学部では女子の合格率が高いのに、医学部だけ低い」と指摘し、さらなる調査を進めている。
東京医大の問題が発覚した際、「僕も裏口入学だよ」とツイートし物議を醸した高須クリニック創業者の高須克弥氏。江戸時代から続く医者の家系だという高須氏が考える「医者に向いている学生」とは? 発言の真意を含めて聞いた。

入学金半額だから「裏口入学」

――医学部受験のあり方についてどう考えていますか。

ペーパー試験のみの1次試験は受験者全員を通してあげて、ペーパー試験の結果は参考程度にして、2次試験の面接を重視すべきだと思っています。

今は多くの医学部がペーパー試験の結果を重んじていますが、それではいかんのです。医学部受験は、楽器の演奏や体育の実技を重んじる東京芸術大学や日本体育大学の受験に似ています。東京芸大や日体大でペーパー試験を重視していたら、楽器の演奏ができない学生や体育の実技ができない学生ばかりになり、大変なことになるでしょう。医学部も同じです。頭はいいけど必ずしも医者には向いていない、そんな学生では大学も学生本人もあとあと困るのです。

――「医者に向いている学生」とは。

献身的で、体力があり、粘り強い。これら3つが医者としての適性です。私はいつも言っているのですが、医者の仕事は頭脳労働ではなく肉体労働です。医者に向いている学生を見つけるには、2次試験の面接を重視するしかありません。

――「僕も裏口入学だよ」とツイートして注目を集めました。

正しくは「僕も裏口入学だよ。母子家庭の開業医で父親が卒業生で一次試験の成績がよかったので、二次試験は死んだ父親をよく知っている教授が担当してくれて世間話だけ。入学金も半額に負けてくれた。昭和医大は人情のわかる素晴らしい大学だった。何が悪い」とツイートしました。

次ページ医者の子どもが医者になったほうがいい
関連記事
トピックボードAD
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。