高須院長「医者の子どもは医者に向いている」

「僕も裏口入学」とツイートした真意とは?

――医学部人気が過熱し、合格するために必要な偏差値が私立医学部でもかなり高くなってきています。

私は愛知県の進学校である東海高校の出身ですが、成績が良ければ高校の先生も予備校の先生も医学部進学を勧めるという現在は、私には異常に見えます。

――医学部人気の背景には「医者になればもうかる」という強いイメージがあります。

もうけている医者も確かにいます。かつて産科の医者がやたら多かったのはもうかったからでしょう。しかし、今は斜陽化しています。お産自体が激減したからです。

美容外科はこれからそんなにもうかりません。若くて派手な印象の女性医者が「高須クリニックで働きたい」と言ってきても、「一人前になったら雇ってあげます」と言って断っています。

「美容外科はデザートだ」と私はよく言います。つまり、主食ではないので、「なくてはならないもの」ではないのです。高成長期に伸びる診療科で、高度成長期の頃に始めた私はタイミングが良かった。韓国で美容外科が伸びたのも韓国経済の高成長が背景です。

美容外科が伸びるのは高成長期のみ

――高須さんはなぜ美容外科を選んだのですか。

卒業当時、「医学が進歩すれば病気は根絶する。美容外科は主流の診療科になる」と思ったからです。親戚の医者が「かっちゃん(高須院長のこと)に説教してやる」と家に来た。「美容外科医になるなら、今後何があってもかばわない。縁を切る。病気でもない人を切るのは犯罪だぞ」とまで言われた。

高須克弥(たかす・かつや)/1945年生まれ。1969年昭和大学医学部卒業。1973年同大大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。「脂肪吸引手術」を日本に紹介し普及させた。江戸時代から続く医師の家系(撮影:今井康一)

実際、結核で死ぬ人はほとんどいなくなった。ところが、高齢化が進み、病気はなくなるどころか減ることがない。「親戚の医者が言っていたことはそのとおりだな」と最近では思うようになりました。「二重まぶたや豊胸を一生懸命、学生に教えるべきではない。教えてもいい医者が育成できそうもない」と思い、昭和医大に開設してもらっていた美容外科の寄付講座もやめました。被災した皮膚の美容外科手術などは精力的に行っていますが、美容のためだけの手術は断るケースも珍しくありません。

――メスで切らずに二重まぶたを作る「プチ整形」など、高須さんは常に美容外科の潜在需要を掘り起こしてきました。まだ掘り起こしていない潜在需要はありそうですか。

豊胸のためにヒアルロン酸をバストに注射したのは私が世界で最初。シワを改善するボトックス注射は高須クリニックしか行っていない独占状態が長く続きました。しかしブームは自ら作ろうとしてできるものでもありません。プチ整形は最初「バーチャル整形」と言っていましたがさっぱりでした。それで「インスタント整形」に名前を変えたのですがそれでもダメ。プチ整形にしたらとたんに需要が増えました。

――これから需要の増える診療科、衰退する診療科はどこでしょうか。

人口が減少しますからすべての診療科が衰退します。そのなかで、もうかる医者ともうからない医者にはっきり分かれるでしょう。食うに困る美容外科が出てきます。結核患者用のサナトリウムが今ほとんどないのと同じです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。