医学部に裏口でなく裏技で合格を目指す妙策

得意科目で勝負!合格の可能性は高められる

医学部受験を正面突破するには、裏技の活用も1つの選択肢だ(写真:Graphs/PIXTA)  
東京医科大学の“裏口入学問題”をめぐって医学部医学科の受験をめぐる評判は大きく揺れているものの、その社会的使命が重大であることに変わりはない。
夏休みは、進路を定めなければならない重要な時期。医学部に進むべきかどうか、まだ悩んでいる高校生と親御さんを対象に「医学部受験のスペシャリスト」である代々木ゼミナールの加藤広行さんがその心得を解説する。第4回のテーマは「得意科目を生かす裏技」(次回は9月5日配信予定、第3回はこちら)。

医学部合格にはすべての受験教科(科目)で高得点が必要だ。苦手教科(科目)はたとえ1つでも医学部受験では「大きなハンデ」となる。もっとも、受験生にはそれぞれ得意・不得意教科(科目)が存在する。

そして、各自の得意・不得意が受験校の合否判定において有利・不利に直結するのは自明の理である。

得意科目が生かせる配点パターン

それでは、医学部各大学の配点ウェートがどうなっているのかみていこう。表1のように国公立の配点は「大学によって千差万別」である。

次ページ苦手科目の配点が高い大学は回避も
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。