有料会員限定

北海道むかわ町がコンサル主導の計画に"待った" 地方創生コンサルに喰われないまちづくり①

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

喰われかかった自治体の住民が立ち上がるケースもある。

展示されている恐竜の復元模型
手狭なため、しっぽが切り離された恐竜の復元模型(写真:河北新報)

特集「喰われる自治体」の他の記事を読む

地方創生が叫ばれて10年。実現できたという自治体はそう多くない。では、政府が流し込んだ膨大な「地方創生マネー」はどこへ溶けていったのか。『週刊東洋経済』5月11日号の第1特集は「喰われる自治体」だ。
※本記事は2024年5月10日6:00まで無料で全文をご覧いただけます。それ以降は有料会員限定となります。
週刊東洋経済 2024年5/11号(喰われる自治体)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年5/11号(喰われる自治体)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

北海道道央の南部に位置する人口7300人ほどのむかわ町。山あいの穂別地区にある町立博物館の一室に、恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」の復元模型が鎮座する。2014年に穂別地区で全身骨格で見つかった新種の恐竜だ。

全長8メートルの巨体は手狭な展示室には収まり切らず、しっぽの部分が取り外されている。

そこで新しい博物館の計画が持ち上がった。むかわ町穂別地区に暮らす中沢十四三(とよみ)さん(66)は言う。

「どこの自治体も高齢化しているし、過疎が進んで寂れていくのは仕方がない。でも“寂れ方”ってある。愛されて手入れされる建物は長持ちするじゃない? 新しい博物館も、そうあってほしいの」

穂別の住民らでつくる「新博物館を考える町民会議」の代表を務める中沢さん。以前は「黙っていても立派な博物館ができる」と楽観的に考えていたが、今は違う。

「官民連携の落とし穴」

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
喰われる自治体
「ぶっちゃけバカ」 「言うことを聞かせる」…
弱った自治体の機能をぶんどる「過疎ビジネス」
初代・地方創生担当大臣は今、何を思うか
隣町のようにふるさと納税で収入増を狙ったが…
大手コンサルが積極投資、広告の博報堂も参戦
歳入に占めるふるさと納税の割合が高い市区町村
税金を喰い荒らすふるさと納税ビジネス「後編」
受入額より流出額を差し引き実質流出額を算出
「ふるさと納税は税収増につながっていない」
共働き比率が高く自治体の模範とされてきたが…
東京都出身、元総務省官僚の鷲頭美央氏に聞く
消滅可能性都市の発表から10年でどう変わったか①
地方創生コンサルに喰われないまちづくり①
地方創生コンサルに喰われないまちづくり②
消滅可能性都市の発表から10年でどう変わったか②
地方創生コンサルに喰われないまちづくり③
地方創生コンサルに喰われないまちづくり④
消滅可能性都市の発表から10年でどう変わったか③
事業承継、スタートアップ、デジタル、観光…
「本気で地域のことを考えているとは限らない」
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内