アップルは新iPadで教育市場を奪い返せるか

「クラウド主義」グーグルの真逆を行く戦略

3月27日、アップルの発表会は米イリノイ州シカゴ市北部にあるLane Tech College Prep High Schoolで行われた(筆者撮影)

速報記事(速報!アップル「新iPad」は何がスゴいのか)でお伝えしたように、アップルは米国時間3月27日、手書きデバイスApple Pencilに対応し、性能を強化した新しい9.7インチiPadを発表した。日本での価格は3万7800円~。同時に教育機関向けに既存アプリの大幅なアップデートや新アプリのリリースを発表し、学校向けには3万5800円で提供する。Apple Pencilも一般価格の1万800円に対して学校向けは9800円と設定した。

グーグルが前日に教育向けタブレットを発表

グーグルは前日の3月26日に記者会見を行い、台湾エイサー製の教育向けタブレット端末を329ドルで発売すると発表したが、新型iPadの学校向け価格は299ドルとそれよりも安価に設定されている。

第6世代となる新しいiPadはiPhone 7シリーズに搭載されているA10 Fusionを採用。昨年発表され大幅な低価格化を果たした第5世代iPadが採用するA9(iPhone 6S相当)に比べ大きくパフォーマンスを向上させた。なお、厚みや重量は従来モデルとまったく同じだ。

(筆者撮影)

アップルはこの新製品と各種アプリを揃え、教育市場でiPadを普及させる足がかりとしようとしている。そのアプローチ手法は教育市場で65%前後の端末シェア(Chromebook)を誇るグーグルとは大きく異る。

グーグルが教育現場向けの教材作成、配布、授業時の管理などを「Google Classroom」というクラウド型サービスを基礎に整えているのに対して、アップルはiPad向けに提供しているアプリを磨き込み、また教育現場で使いやすくなるよう機能や管理機能を追加し、端末とアプリのレベルでニーズを満たそうとしている。

とりわけ大きく異なるのが情報の扱い方だ。

次ページクラウドに情報をアップロードする必要がない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT