あなたの精子を守るための10カ条

自転車の乗りすぎ、禁欲には要注意!

 世界で広がる不妊症。中でも“晩産化”が進む日本の状況は深刻だ。今や男の10人に1人が精子に問題を抱える時代。男も不妊とは無縁ではない。世界のカップルを悩ます不妊症、その最前線を追った(この連載は、週刊東洋経済2012年7月21日号「みんな不妊に悩んでる」を加筆修正したものです)。
シアトルの精子バンクは、電気自転車で精子を運ぶ(写真:ロイター/アフロ)

精子は思わぬところでダメージを受けている。男性不妊の専門医のアドバイスや、国内外の研究結果を基に、あなたの精子を守るための、10カ条を紹介する。

長風呂、サウナにリスクあり

1) 禁煙

喫煙が生殖機能に及ぼすマイナスの影響については、これまでに多くの報告がなされている。喫煙は勃起不全(ED)の原因となる。さらに、精子形成にも異常を及ぼし、精子の運動性を低下させたり、異常な形態をした精子の出現頻度を高める傾向がある。運動性の低い精子や異常な形態の精子は受精能力が低いため、男性不妊の原因になる。また、受精に成功したとしても、流産や先天性疾患に関するリスクの上昇が懸念される。

2) ブリーフよりもトランクス

英マンチェスター大学と英シェフィールド大学の共同調査によると、ボクサーパンツなどタイトな下着をはいている男性の精子数は、そうでない男性より少なかった。ブリーフでは体温がこもり精巣の温度が上昇しやすい。温度上昇を避けるには、通気性のよいトランクスがお薦め。

3) 飲酒は適量に

二日酔いになるような過度な飲酒は、精子形成にマイナスの影響をもたらす可能性があるので、避けたほうがよい。適量の飲酒であれば問題はない。

4) 長風呂、長サウナは控える

精巣付近の温度が高いと精巣の機能が衰えてしまうので、あまり長く風呂につかりすぎないほうがいい。高温のサウナも精巣を熱にさらすことになってしまう。熱くなったサウナのいすに座ると精巣の温度がますます上昇してしまうので、要注意。

5) 自転車・バイクに乗りすぎない

サドル先端部分による会陰(えいん)部の圧迫、肌に密着したトレーニングウエアによる体温上昇などが、生殖機能へ影響を及ぼす可能性が指摘されている。自転車がEDを招くリスクを報告する研究も多い(詳細は122ページ参照)。自転車やバイクに乗りすぎるのは避けたほうがいいだろう。

次ページ膝上でノートPCはNG
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT