介護の世界から返り咲いた鬼才プロゲーマー

新世代リーダー プロゲーマー ウメハラダイゴ

「春麗」の最強の連続技、「鳳翼扇」が発動。「レッツゴー!ジャスティン!!」アメリカの熱狂的なファンの怒声とともに、春麗がケンとの距離を詰め、「削り」で試合を決しようとした。

その刹那、削りのダメージをすべて防ぐ、「ブロッキング」という技を入力し、春麗の大技「鳳翼扇」を受ける。「受ける」といっても、コマンドの入力時間は30分の1秒以下。それを連続して入力しつづけなければならない至難の技だ。それを敵地・アメリカ、しかも世界大会という舞台でやってのけた。17連続にも及ぶ連撃を受けた後、一瞬のすきが生まれた春麗に怒涛の反撃を叩き込む……。格闘ゲームがわからない人でも会場の異様なまでの盛り上がりを見れば、ウメハラの離れ技のすさまじさが伝わるだろう。

あの窮地に追い込まれる中、ウメハラの脳内には何が交錯していたのだろう。「格闘ゲームに絶対はありませんから。逆に言えば、ジャスティンの勝ちだって“絶対”ではなかったわけです」。あの状況で、逆転の可能性を模索していたのはウメハラ独りだったに違いない。

ファンの熱狂的な盛り上がりについても、「あの時、会場の音はまったく聞こえませんでしたね。聞こえていたらあれはできなかったと思います。」ウメハラのゲームへの集中力は達人の域まで進化していた。

ゲームの世界から突如、身を引く

だが、ジャスティン・ウォンとの激闘から1年、「日本国内に敵なし」と言われた天才は突如、勝負の舞台から降りた。その後、麻雀の道に入る。そこから3年間、雀荘で1日12時間、アルバイトし、帰宅してからも自主研究を徹底的に行い、麻雀でも頭角を現す。「プロ並みには打てるようにはなれたと思います。まず大抵の人には負けないですよ。寝ているときもずっと歯ぎしりをするくらい研究していましたから」。だが、3年間続けた麻雀も、ある日、辞めようと決意したという。

20年近く、毎日打ち込んできた格闘ゲームやプロ並みの腕前を持つに至った麻雀を、なぜこうもあっさり辞めることができたのだろうか。その答えを知るためにはウメハラにとって、「勝負とは何か」ということをひもとかねばならない。

次ページウメハラの勝負観とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT