介護の世界から返り咲いた鬼才プロゲーマー

新世代リーダー プロゲーマー ウメハラダイゴ

「目先の勝ちを追わない」 ウメハラの勝負観とは?

ウメハラは、「勝負に伴う勝ち負け」を「どうでもいいこと」だと切って捨てる。「目先の勝ちを追うと、先々必ず勝てなくなる」のが勝負の本質だという。

だが、普通のプレーヤーにとって、勝負の帰結はつまるところ、勝者と敗者だ。敗れた者たちは、感情をむき出しにして再びウメハラの前に立つ。時には声を荒らげ、捨て鉢になって挑んでくる者もいる。時には罵声を浴びせられることもある。彼らとの勝負に勝ったとしても、また別の敗者が挑んでくる。長らく勝ち続けてきたウメハラにとって、勝負とは終わりがない「らせん」のようなものだ。

一方、ウメハラにとっての勝負とは、「勝つこと」ではなく、「勝つために努力する過程を楽しむこと」だという。勝負とは自分との闘いなのだ。「勝ち負けにこだわっているうちは大きな成長はできません」。

そのような勝負観を持つウメハラには、結果だけに拘泥して、一喜一憂する様子は理解できなかった。それに、当時のゲーム界では、ウメハラの実力は抜きん出ていた。「つねに挑戦者でいたい。そのほうがゲームは面白いですから」。その願いをかなえるにはウメハラは強くなりすぎていた。「日本国内に敵なし」と言われた天才は、突如、勝負の舞台から降りた。

まったく無縁の介護の世界に身を投じる

格闘ゲームも麻雀も辞めたウメハラが選んだのは、勝負ごととはまったく無縁の介護の世界だった。その理由を「負けたときの苦しそうな顔やイライラした顔、つらそうな様子を見るのが耐えられなかったんです。勝負の世界に身を置くと、これを延々と見続けなければならないのかと思うと苦しくて。それでもう、今までとはまったく違うことをやってみようと思った」と振り返る。医療関係で働いている両親の影響もあり、「まずは介護でもやってみよう」と思ったという。

だが、この介護で働いた経験が、ウメハラを大きく変える。それまではゲーム業界の天才としてあがめられ、ちやほやされていたが、介護の現場ではいちばん下っ端の介護士にすぎない。誰かに奉仕する経験は初めてのことだ。

次ページ介護の現場で学んだこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT