「新天地で活躍できる人」が持つ3つの切り札

意気込みが空回りする「1月病」に陥らないで

上司への提案、社内の調整の仕方がいちいち違う。基本、個人プレイで成果を出していればよかった前職と違い、周囲を巻き込みながら業務を遂行することが求められる。作成する資料の量もケタ違いに多い。周囲の人ほど分析や資料づくりのスキルもない。土地勘がない中にあって、業務マニュアルが完璧にあるわけでもない。誰に何を聞けばよいのかもわからないし、上司は不在がち。

でも、彼にはプライドはある。年下に「何度も教えてください」と言うのは気が引ける。上司・先輩に何度も聞いて、「こいつ、できないのでは」と思われるのが内心気に食わないし、怖い。自力で「あの人はできる」と認めさせたい。

新しい環境になじむことを最優先しよう

だから、自分が納得できる成果を出してから周囲と共有したいと思っている。で、仕事を抱え込む。しかし、周囲の的確な指摘やフィードバックを得られないので成果が出ない。徐々に孤立。悪循環だ。

あなたの過去の成果はすばらしい。でもそのことは、そっと横に置いておこう。わからないことがあれば聞けばいい。聞けないなら聞ける関係を作ればいい。年下だろうが年上だろうが、関係ない。いかに早く環境になじむかのほうが大切なのだから。プライドにこだわるのをやめたら状況がすぐに好転したという人は多い。

誇りを持って仕事に臨むのは大事だが、プライドを追って成果を出せないのは本末転倒。正直いえば、誰も、新参者の「チンケなプライド」に興味を持っていない。周囲と目線をそろえ、周囲から助けを得よう。

最後に、新天地でのスタートがうまくいくかどうかは、受け入れる側の態度や姿勢によるところも大きいことを伝えたい。そう、新しく入ってきたあの人は、「仕事ができない」のではなく、単に「やり方を知らない」だけなのかもしれない。そのことを忘れないでほしい。

今の環境と前の環境は何が違うのか、自分が相手になったつもりになってみよう。受け入れる側のちょっとしたアドバイスが、プライドと現実のはざまに悩む本人には大きな支えになる。躊躇せず手を差し伸べてほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT