デザインの見え方を可視化、住友3Mの新サービスに熱視線

価格は個人客向けが1回14.99ドル(約1200円)。定額制プラン(1カ月499.99ドル=約4万円)や企業向けプランもある。また、一定回数を無料でお試しできるサービスもある。

3Mグループは、壁面広告や航空機、鉄道車両のマーキング、屋外看板などを手掛け、人の視認に関するノウハウを持ち合わせている。実際に「3M視線予測サービス」と同様の狙いによる「アイ・トラッキング」というサービスも展開している。ただ、アイ・トラッキングで視線予測を分析するには、特殊な眼鏡や装置などを使った実験ベースでのやり方しかなく、時間とコストがかかっていた。

実際に3Mグループ内で、「視線予測サービス」を活用してWebサイトのデザインを変更してみたところ、発信者が誘導したいところにサービス利用者が誘導される頻度が上がったという。

住友スリーエムによれば、現在、視線予測サービスを利用しているのは広告代理店や消費財メーカーの関係者などが多いという。ただ、たとえばWebサイトは今やあらゆる企業・団体が手掛けている。もっと幅広く広がっていく可能性も小さくない。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。