デザインの見え方を可視化、住友3Mの新サービスに熱視線

デザインの見え方を可視化、住友3Mの新サービスに熱視線

小売店の陳列棚やPOP広告。そこに並んでいる各種商品・製品のパッケージ。街中のポスター、サイン・看板。そしてインターネット上のWebサイトなど。情報の発信者や売り手は、人の目をできるだけ引きつけたいという狙いから、これらのデザインを考えている。

だが、実際に人の目はどこを見ているのだろうか。

多くの情報に埋没してはいないか。注目してほしいところは見られているのか。デザインの狙いは届いているのか--。経験則に照らし合わせた仮説はあっても、実際に検証するのはなかなか骨が折れる。

それをインターネット上で簡単に測定・可視化できるサービスを、住友スリーエム(本社・東京都世田谷区)が始めた。住友スリーエムは、「ポスト・イット」や「スコッチ・ブライト」などの日用品ブランドを展開するメーカーで、米国の3M社と日本の住友電気工業の合弁企業として知られる。

住友スリーエムが8月から始めたのは「3M視線予測サービス」。人があるものを見たときに、最初の数秒間の視線の動きを瞬時に予測してレポートを提供するサービスである。英語表記では「ビジュアル・アテンション・サービス(VAS)」と呼んでいる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT