デザインの見え方を可視化、住友3Mの新サービスに熱視線

デザインの見え方を可視化、住友3Mの新サービスに熱視線

小売店の陳列棚やPOP広告。そこに並んでいる各種商品・製品のパッケージ。街中のポスター、サイン・看板。そしてインターネット上のWebサイトなど。情報の発信者や売り手は、人の目をできるだけ引きつけたいという狙いから、これらのデザインを考えている。

だが、実際に人の目はどこを見ているのだろうか。

多くの情報に埋没してはいないか。注目してほしいところは見られているのか。デザインの狙いは届いているのか--。経験則に照らし合わせた仮説はあっても、実際に検証するのはなかなか骨が折れる。

それをインターネット上で簡単に測定・可視化できるサービスを、住友スリーエム(本社・東京都世田谷区)が始めた。住友スリーエムは、「ポスト・イット」や「スコッチ・ブライト」などの日用品ブランドを展開するメーカーで、米国の3M社と日本の住友電気工業の合弁企業として知られる。

住友スリーエムが8月から始めたのは「3M視線予測サービス」。人があるものを見たときに、最初の数秒間の視線の動きを瞬時に予測してレポートを提供するサービスである。英語表記では「ビジュアル・アテンション・サービス(VAS)」と呼んでいる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。