デザインの見え方を可視化、住友3Mの新サービスに熱視線

デザインの見え方を可視化、住友3Mの新サービスに熱視線

小売店の陳列棚やPOP広告。そこに並んでいる各種商品・製品のパッケージ。街中のポスター、サイン・看板。そしてインターネット上のWebサイトなど。情報の発信者や売り手は、人の目をできるだけ引きつけたいという狙いから、これらのデザインを考えている。

だが、実際に人の目はどこを見ているのだろうか。

多くの情報に埋没してはいないか。注目してほしいところは見られているのか。デザインの狙いは届いているのか--。経験則に照らし合わせた仮説はあっても、実際に検証するのはなかなか骨が折れる。

それをインターネット上で簡単に測定・可視化できるサービスを、住友スリーエム(本社・東京都世田谷区)が始めた。住友スリーエムは、「ポスト・イット」や「スコッチ・ブライト」などの日用品ブランドを展開するメーカーで、米国の3M社と日本の住友電気工業の合弁企業として知られる。

住友スリーエムが8月から始めたのは「3M視線予測サービス」。人があるものを見たときに、最初の数秒間の視線の動きを瞬時に予測してレポートを提供するサービスである。英語表記では「ビジュアル・アテンション・サービス(VAS)」と呼んでいる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT