ドバイの63階建てビルで火災、14人軽傷

新年の花火を見るために多くの人々

 12月31日、アラブ首長国連邦ドバイの63階建て高層ビルで火災が発生した。写真は現場から走って避難する人々。同日撮影(2015年 ロイター/Ahmed Jadallah)

[ドバイ 31日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの63階建て高層ビルで31日夜、火災が発生した。

同ビルは高級ホテルと住宅が入居するアドレス・ダウンタウン・ドバイで、警察当局によると、14人が負傷したが、いずれも軽傷という。

ただ、現場でけが人の応急措置に当たっていた医師はロイターに対し、煙を吸い込むなどして60人以上が軽傷を負ったと話している。

火災が発生したビルの近くには世界最高層ビルのブルジュ・ハリファ(約830メートル、160階建て)があり、新年の打ち上げ花火を見るために多くの人が集まっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT