ドバイの63階建てビルで火災、14人軽傷

新年の花火を見るために多くの人々

 12月31日、アラブ首長国連邦ドバイの63階建て高層ビルで火災が発生した。写真は現場から走って避難する人々。同日撮影(2015年 ロイター/Ahmed Jadallah)

[ドバイ 31日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの63階建て高層ビルで31日夜、火災が発生した。

同ビルは高級ホテルと住宅が入居するアドレス・ダウンタウン・ドバイで、警察当局によると、14人が負傷したが、いずれも軽傷という。

ただ、現場でけが人の応急措置に当たっていた医師はロイターに対し、煙を吸い込むなどして60人以上が軽傷を負ったと話している。

火災が発生したビルの近くには世界最高層ビルのブルジュ・ハリファ(約830メートル、160階建て)があり、新年の打ち上げ花火を見るために多くの人が集まっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。