ドバイの63階建てビルで火災、14人軽傷

新年の花火を見るために多くの人々

 12月31日、アラブ首長国連邦ドバイの63階建て高層ビルで火災が発生した。写真は現場から走って避難する人々。同日撮影(2015年 ロイター/Ahmed Jadallah)

[ドバイ 31日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの63階建て高層ビルで31日夜、火災が発生した。

同ビルは高級ホテルと住宅が入居するアドレス・ダウンタウン・ドバイで、警察当局によると、14人が負傷したが、いずれも軽傷という。

ただ、現場でけが人の応急措置に当たっていた医師はロイターに対し、煙を吸い込むなどして60人以上が軽傷を負ったと話している。

火災が発生したビルの近くには世界最高層ビルのブルジュ・ハリファ(約830メートル、160階建て)があり、新年の打ち上げ花火を見るために多くの人が集まっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT