バングラデシュ、原発2基建設でロシアと契約

各12万キロワット、総額126.5億ドル

[ダッカ 25日 ロイター] - バングラデシュ原子力委員会(BAEC)は25日、ロシアと共同で2基の原発を建設する契約に調印した。バングラデシュ科学技術省が発表した。

1基目は2022年、2基目は2023年までの操業開始を目指す。

同省によると、発電能力は各12万キロワット、投資総額は126億5000万ドル。建設地は首都ダッカから160キロ離れたイシュワルディで、2016年初めに着工する予定。

同省広報は「ロシアは総コストの90%までを融資してくれる。金利はロンドン銀行間金利(LIBOR)に1.75%を上乗せした水準だ」と説明した。償還期間は28年。

運転期間は当初60年を計画し、状況次第で20年の延長を行う。

バングラデシュのムヒト財務相は、国内最大の発電プロジェクトになると指摘した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT