バングラデシュ、原発2基建設でロシアと契約

各12万キロワット、総額126.5億ドル

[ダッカ 25日 ロイター] - バングラデシュ原子力委員会(BAEC)は25日、ロシアと共同で2基の原発を建設する契約に調印した。バングラデシュ科学技術省が発表した。

1基目は2022年、2基目は2023年までの操業開始を目指す。

同省によると、発電能力は各12万キロワット、投資総額は126億5000万ドル。建設地は首都ダッカから160キロ離れたイシュワルディで、2016年初めに着工する予定。

同省広報は「ロシアは総コストの90%までを融資してくれる。金利はロンドン銀行間金利(LIBOR)に1.75%を上乗せした水準だ」と説明した。償還期間は28年。

運転期間は当初60年を計画し、状況次第で20年の延長を行う。

バングラデシュのムヒト財務相は、国内最大の発電プロジェクトになると指摘した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東大 京大 合格者ランキング<br>平成31回の入試で浮かぶ名門校

平成の31年間に東大、京大の合格者を多く出した学校はどこか。東大王者は不動の開成だったが、京大トップは洛星、洛南、西大和に北野と近年は激戦。ゼロから名門校にのし上がった学校も。勢力図の変遷が透ける各200校リストをご覧あれ。