ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises) --ユーロ危機にも表れてきた、何が良いのか、悪いのか《宿輪純一のシネマ経済学》



欧州では、ギリシャ・スペイン等の南欧と、ドイツなどの北欧との競争力の差を埋めることが大事であるとされている。日本でも格差の拡大につながることを懸念して、規制緩和が遅れているのかもしれない。

その「競争の結果としての格差」の取り扱いは、非常に難しく、白黒はつけられない。あまりにも援助しすぎると働く気がなくなり、努力しなくなるだろう。日本でも、先日、ニートの方がテレビで「働いたら負け」とコメントしていたのが印象的であった。

 

 

©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC  Photo: Ron Phillips

 

複雑化した現在の経済では、初期のバットマンのようにスパッと白黒のついた勧善懲悪ということが難しくなってきている。原子力の問題もそうであるが“最適値”を探すことが経済政策として必要な考えではないか。

映画の最後で、原作ではバットマンの助手のような位置づけのロビンが登場する気配があり、後を継ぐような感じもある。今後この問題をどう取り扱っていくのか、大変に気になる。

また、本作品では、セクシーなキャットウーマン(アン・ハサウエイ)も登場する。アン・ハサウエイも息の長い名女優になった。彼女の本作出演のインタビューを読んでいたら、本当に出たかったとのことである。それは単に大作だからということだけでない意味合いを感じた。やはり最近の「バットマン」には“魅力”があるのである。


しゅくわ・じゅんいち
博士(経済学)・映画評論家・慶應義塾大学経済学部非常勤講師・ボランティア公開講義「宿輪ゼミ」代表。1987年慶應義塾大学経済学部卒、富士銀行入行。シカゴなど海外勤務などを経て、98年UFJ(三和)銀行に移籍。企画部、UFJホールディングス他に勤務。非常勤講師として、東京大学大学院(3年)、(中国)清華大大学院、上智大学、早稲田大学(5年)等で教鞭。財務省・経産省・外務省等研究会委員を歴任。著書は、『ローマの休日とユーロの謎』(東洋経済新報社)、『通貨経済学入門』・『アジア金融システムの経済学』(以上、日本経済新聞出版社)他多数。公式サイト:http://www.shukuwa.jp/、Twitter:JUNICHISHUKUWA、facebook:junichishukuwa ※本稿の内容はすべて筆者個人の見解に基づくもので、所属する組織のものではありません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT