ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises) --ユーロ危機にも表れてきた、何が良いのか、悪いのか《宿輪純一のシネマ経済学》

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

「ダークナイト」は“Dark Night”ではなく、“Dark Knight(闇の騎士)”であり、バットマン(Batman)の新シリーズである。題名も原題は“Rises”であるが、語呂が合わなくて邦題は“ライジング”となったのであろうか。

今回のダークナイトシリーズは『バットマンビギンズ』(2005年)、『ダークナイト』(08年)とつながって3部作目で完結編とされている。2作目より、題からあえて「バットマン」の名前を外している。

この3作品の監督は、『インセプション』(10年)のイギリス人のクリストファー・ノーラン(42)である。そのせいか『インセプション』と、映像のイメージがダブる部分があり、この2本に同じように出演している俳優も多い。

 

 

©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC  Photo: Ron Phillips



今回はゴッサムシティがシカゴではなく、ニューヨークになっている。もちろん、細かく見れば突っ込みどころは多数あるものである。

 

今回もかなりダークな雰囲気である。その粗筋は、今回はあまり明かせない。『バットマンビギンズ』でのジョーカーとの死闘から8年後の設定。ゴッサムシティは法改正によって作られた新法の下、平穏な日々が続いていた。

しかし、罪をすべてかぶり、姿をくらませていたバットマンであるブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、精神的・肉体的に疲れ果て、病院で寝たきりになっていた。そんなとき、ゴッサムに新たな脅威・ベインが現れて、街の破壊を狙う。そこで、バットマンは再度立ち上がる。

 

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT