ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises) --ユーロ危機にも表れてきた、何が良いのか、悪いのか《宿輪純一のシネマ経済学》

「ダークナイト」は“Dark Night”ではなく、“Dark Knight(闇の騎士)”であり、バットマン(Batman)の新シリーズである。題名も原題は“Rises”であるが、語呂が合わなくて邦題は“ライジング”となったのであろうか。

今回のダークナイトシリーズは『バットマンビギンズ』(2005年)、『ダークナイト』(08年)とつながって3部作目で完結編とされている。2作目より、題からあえて「バットマン」の名前を外している。

この3作品の監督は、『インセプション』(10年)のイギリス人のクリストファー・ノーラン(42)である。そのせいか『インセプション』と、映像のイメージがダブる部分があり、この2本に同じように出演している俳優も多い。

 

 

©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC  Photo: Ron Phillips



今回はゴッサムシティがシカゴではなく、ニューヨークになっている。もちろん、細かく見れば突っ込みどころは多数あるものである。

 

今回もかなりダークな雰囲気である。その粗筋は、今回はあまり明かせない。『バットマンビギンズ』でのジョーカーとの死闘から8年後の設定。ゴッサムシティは法改正によって作られた新法の下、平穏な日々が続いていた。

しかし、罪をすべてかぶり、姿をくらませていたバットマンであるブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、精神的・肉体的に疲れ果て、病院で寝たきりになっていた。そんなとき、ゴッサムに新たな脅威・ベインが現れて、街の破壊を狙う。そこで、バットマンは再度立ち上がる。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。